アクセスカウンタ

<<  2012年11月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


舞面真面とお面の女 (野崎まど/メディアワークス文庫)

2012/11/25 10:22
期待していたオチは、ちょっと遅めに登場。

やはり身構えて読んでしまっては、最後の驚きが半減してしまいますね。『アムリタ』、『小説家の作り方』と野崎作品を読んできて、少し免疫ができてしまいました。構成を把握してしまったばかりに、どうしてもそういう読み方をしてしまいます。

作中に転がる小さな違和感を集めて、いかに突飛な終わり方をしてくれるのかを推察する。本作はちょっと読めていたというか、ああやっぱりと思うことが多かったです。

さて、本作は仮面にまつわる伝奇的ミステリーとでもいうべきか。
主人公は山奥の豪邸を訪ね、集まる親戚、謎の仮面の少女、そして解読不明の遺言状。まるでこれから殺人事件でも起きそうな舞台でしたが、起こったのは単なる謎解きだけ。

箱を解き 石を解き 面を解け
──よきものが待っている


遺言状の謎を解いた結末は何とも野崎らしいところ。ジャンルが変わるほどのオチは安定のもの。野崎ミステリとして、楽しむことのできる著者第2作目でした。

ミステリだけでなく、仮面というテーマにも迫るものがあり、真面の心中を言い当てる面の言動が心に刺さる作品でもあります。

「お前は飽きている」

「飽きている自分に満足の仮面を被せたはずなのに、その上からまた悩みの仮面を被せようとしている。なぜなら、そういう悩みを持っていた方が人間らしいと思ったからだ」


人は誰しも仮面をかぶって生きています(笑)。この問題は真面が特別なのではなく、大小あれども、誰しも他人に良く見られるように仮面をかぶるもので、自分もいくつの仮面を持っているのかと、ふとわからなくなるほどです。それを否定するセリフではないものの、単に真実を突かれるだけというのも落ち着かなくなるものですね。真面は幸運?にも退屈しのぎを見つけてしまったわけですから、ラッキーな人生を歩めそうですね。

構成自体を見るとワンパターンかもしれませんが、起承転結の転結で大きく物語のジャンルを変えてしまう構成には、やはり読んでいて楽しいものがあります。仮面の話のように、ミステリの構成を楽しむだけでないのも本作の楽しいところ。一見普通の話のように見えて、超常的な結末を用意する。そのギャップに潜む、登場人物の心理描写もまた本作の魅力であります。

未読の野崎作品はあと4作。どれも楽しく読めることを期待しています。


舞面真面とお面の女 (メディアワークス文庫)
アスキーメディアワークス
野崎 まど

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 舞面真面とお面の女 (メディアワークス文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


いわゆる天使の文化祭 (似鳥鶏/創元推理文庫)

2012/11/18 22:55
ネタバレありで書かせてください。


それなりに面白かったんですが、ちょっとわかりにくい話でした。読んでて違和感はところどころにあったし、オチも筋は通っていて納得はできたんですが、それでも驚きに欠ける感じがするのはなぜでしょうか。1年も時間軸をずらして物語を展開するとは思いもよりませんでしたが、いい意味で驚いたという感じがしないんですよね。どちらかというと、「え!?、何それ?」みたいな。

何かが足りない。本シリーズ、とりあえず既刊作品は最後まで読み切りましたが、何かが足りないんですよね。翠ちゃんかな〜。


いわゆる天使の文化祭 (創元推理文庫)
東京創元社
似鳥 鶏

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by いわゆる天使の文化祭 (創元推理文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子 (九井諒子/ビームコミックス)

2012/11/12 21:35
たまたま本屋で発見して、即買いしました。

作者の1冊目『山の上の竜の学校』の出来が素晴らしいものだったので、それなりの期待をこめて読みましたが、本作もなかなか楽しませてくれました。

本作は1冊目に比べて話の幅が広く、より広い層を取り込める1冊になっている気がします。1話目の『竜の小塔』は前作っぽい感じで好きですし、ラストの『犬谷家の人々』なんかは「そう来たか」って感じで面白かったです。

装丁も素晴らしく、本の中身だけでなくカバーの表から裏まで楽しむことのできる良い1冊でした。


九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子 (ビームコミックス)
エンターブレイン
九井諒子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子 (ビームコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


すみっこの空さん 3 (たなかのか/BLADE COMICS)

2012/11/10 21:06
表紙がすごくきれいですね。全体的にきれいな赤色に紫の帯。1巻2巻から一変して、秋の様相になったことを強く感じさせてくれます。

さて、この第3巻では命題16『そうぞう』と命題20『つぐない』の神様回が面白かったです。

神様について、少しずつ掘り下げてますね。『そうぞう』では絵本作家をやめたことに対する未練を、『つぐない』では過去への後悔を。

『つぐない』の終わり方なんて、どこがヒーリングストーリーなのかという、、、神様結局まっすぐ歩けないままとは......。空さんのフォローが入るものと思っていたので、ろうそくの火を吹き消したようなあっけない幕切れに驚きました。つづきかもーーん。

『すみっこの空さん』は日常系漫画だと思いますが、どこかに終着点があるんだろうと思います。神様の登場とともに始まったこの作品に幕を下ろすのは、ほかならぬ神様でしょうし、彼のこの先がどう描かれていくのか気になるところです。


すみっこの空さん 3 (BLADE COMICS)
マッグガーデン
2012-11-09
たなかのか

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by すみっこの空さん 3 (BLADE COMICS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


旦那に遭遇

2012/11/05 22:06
実家に帰ってきました。

実は妹がいるのですが、なんとこのたび籍を入れるんだとか。で、旦那ともども実家に泊まりにくるとのことで、いまだ旦那と会ったことのない自分はこの機に会っておけと実家から指令を受けて帰省しました。

旦那はいい人だとは聞いていましが、どんな人なのか。そわそわしながら会ってきたわけですが、結論から言うと、家族が増えるっていいなあと思いました。

なんかいいですよね。夕飯をうちで食べて、一晩泊まってっていうだけなのに、両親も、じーさんばーさんも嬉しそうだったし、自分もなんだか楽しかったです。

たぶん正月にまた会うでしょうし、これから毎年顔を合わせる人になるんでしょうね。なんだか不思議な感じがします。自分もそのうち。。と思いつつも、ただ思っているだけではどうにもならない年齢になってきました。

どうしたものかと思う毎日ですが、とりあえず仕事を頑張ります。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2012年11月のブログ記事  >> 

トップへ

ポ・ニ・タ♪ 2012年11月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる