ポ・ニ・タ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS スマイルプリキュア!

<<   作成日時 : 2013/01/27 10:29  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東日本大震災を受けて作られていることを思うと、印象的な最終回だったと思います。


本当の悲しみを知らないお前たちが、世界の絶望のかなうはずがない。

わかんない。絶望とか深い悲しみとか。私にはわかんない。だけど、このまま終わりたくない。終わりたくないよ。せや。うちらにはまだやりたいことがぎょーさんあんねん。守りたい人もいる。叶えたい夢もあるし、進みたい未来もあります。難しいことはわからない。でも、みんなとずっと一緒にいたい。大好きな人たちがいるこの世界で、もっと、もっと生きたい!!





大切なことはちゃんと自分で考えて、自分で決めるクル。キャンディはこれからもウルトラハッピーを感じたいクル。キャンディはみゆきと同じクル。いっぱい、いっぱい友達を作って、みんなにウルトラハッピーを分けてあげたいクル。

私の、私たちの一番大切なもの。わかってる。わかってるよ。せや。どんなに辛くてもみんなで未来に向かって歩いていきたい。たとえ離れ離れになっても心が繋がっていればいつも一緒です。私たちの進む未来はきっとキラキラ輝いてるよね。





人生には決断をしなければならぬ時があるのでござる。たとえそれがどんなに辛い選択でも必ず自分の手で未来を選び歩いて行かねばならぬのでござる

いま私たちができることを全部やろう。

私たちは絶対に未来をあきらめない。






絶望を乗り越えたというのか。

分からない。ただわたしたちは、みんなで一緒に未来へ向かって、まっすぐに歩いていきたい。それが私たちスマイルプリキュアだから!





絶望の力を思い知るがいい。

キャンディたちは絶対に負けないクル。これから先の未来にどんな困難があっても私たちは絶対に前に向かって進んでいくこれからも大変なことがたくさんあると思う。でも、それを全力で乗り越えて初めてほんまもんの笑顔になれるんや。私たちはどんなときも本当の笑顔を忘れない。絶対に、頑張っていくんだもん。





私には学校のみんなや先生がいて、お父さんとお母さん、おばあちゃんもいて、そしてかけがえのない大切な友達がいる。それだけでなんてハッピーなんだろう。幸せは探すものじゃなくて、感じるものだったんだね。たくさんの幸せがこんなにすぐそばにあったなんて


退廃した地球をバックに絶望と希望を問う脚本。東日本大震災を思い起こしながら見ると、復興への強いメッセージを感じます。シリーズとしてもこのメッセージが念頭に置かれ、シリアス系からギャグ系の話に至るまで、笑顔と友達を中心とした軸はブレることなく、スタッフの意志を感じる素晴らしい作品でした。

キャスト陣の演技も冴えわたっていました。とくに、星空みゆき役の福圓さん。あの叫び声は天下一品ですね。あの声をだせる人ってそう相違ないんじゃないでしょうか。まじでうますぎ。すごすぎ。ピンチからのみゆきの「輝けぇぇええ!!」がすごく好きでした。

惜しむらくは、バトルですね。第23話でプレ最終回みたいなものをやってしまったのがすべての元凶。あれでスタッフ勢が力を使い果たしてしまったように感じました。各話、話の内容は面白いものの戦闘が完全にマンネリ化してました。最終回のバトルもあまりにも簡素すぎましたしね。バンクを多用しすぎだし、巨大ピエーロの倒し方がハトプリそのままっていうのも、残念な点です。話の流れとしては巧く締めていますが、戦闘的な意味ではかなり不完全燃焼な終わり方のような気がします。最終戦はあと一話使って時間をかけてやってほしかったですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スマイルプリキュア!  ポ・ニ・タ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる