アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ポ・ニ・タ♪
ブログ紹介
ポテト ニンジン タマネギ
zoom RSS

スマイルプリキュア!

2013/01/27 10:29
東日本大震災を受けて作られていることを思うと、印象的な最終回だったと思います。


本当の悲しみを知らないお前たちが、世界の絶望のかなうはずがない。

わかんない。絶望とか深い悲しみとか。私にはわかんない。だけど、このまま終わりたくない。終わりたくないよ。せや。うちらにはまだやりたいことがぎょーさんあんねん。守りたい人もいる。叶えたい夢もあるし、進みたい未来もあります。難しいことはわからない。でも、みんなとずっと一緒にいたい。大好きな人たちがいるこの世界で、もっと、もっと生きたい!!





大切なことはちゃんと自分で考えて、自分で決めるクル。キャンディはこれからもウルトラハッピーを感じたいクル。キャンディはみゆきと同じクル。いっぱい、いっぱい友達を作って、みんなにウルトラハッピーを分けてあげたいクル。

私の、私たちの一番大切なもの。わかってる。わかってるよ。せや。どんなに辛くてもみんなで未来に向かって歩いていきたい。たとえ離れ離れになっても心が繋がっていればいつも一緒です。私たちの進む未来はきっとキラキラ輝いてるよね。





人生には決断をしなければならぬ時があるのでござる。たとえそれがどんなに辛い選択でも必ず自分の手で未来を選び歩いて行かねばならぬのでござる

いま私たちができることを全部やろう。

私たちは絶対に未来をあきらめない。






絶望を乗り越えたというのか。

分からない。ただわたしたちは、みんなで一緒に未来へ向かって、まっすぐに歩いていきたい。それが私たちスマイルプリキュアだから!





絶望の力を思い知るがいい。

キャンディたちは絶対に負けないクル。これから先の未来にどんな困難があっても私たちは絶対に前に向かって進んでいくこれからも大変なことがたくさんあると思う。でも、それを全力で乗り越えて初めてほんまもんの笑顔になれるんや。私たちはどんなときも本当の笑顔を忘れない。絶対に、頑張っていくんだもん。





私には学校のみんなや先生がいて、お父さんとお母さん、おばあちゃんもいて、そしてかけがえのない大切な友達がいる。それだけでなんてハッピーなんだろう。幸せは探すものじゃなくて、感じるものだったんだね。たくさんの幸せがこんなにすぐそばにあったなんて


退廃した地球をバックに絶望と希望を問う脚本。東日本大震災を思い起こしながら見ると、復興への強いメッセージを感じます。シリーズとしてもこのメッセージが念頭に置かれ、シリアス系からギャグ系の話に至るまで、笑顔と友達を中心とした軸はブレることなく、スタッフの意志を感じる素晴らしい作品でした。

キャスト陣の演技も冴えわたっていました。とくに、星空みゆき役の福圓さん。あの叫び声は天下一品ですね。あの声をだせる人ってそう相違ないんじゃないでしょうか。まじでうますぎ。すごすぎ。ピンチからのみゆきの「輝けぇぇええ!!」がすごく好きでした。

惜しむらくは、バトルですね。第23話でプレ最終回みたいなものをやってしまったのがすべての元凶。あれでスタッフ勢が力を使い果たしてしまったように感じました。各話、話の内容は面白いものの戦闘が完全にマンネリ化してました。最終回のバトルもあまりにも簡素すぎましたしね。バンクを多用しすぎだし、巨大ピエーロの倒し方がハトプリそのままっていうのも、残念な点です。話の流れとしては巧く締めていますが、戦闘的な意味ではかなり不完全燃焼な終わり方のような気がします。最終戦はあと一話使って時間をかけてやってほしかったですね。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星 (2011/日)

2013/01/21 21:35
制作がボンズだけあって、アクションはさすが。ストーリーも悪くなかったです。

町全体が立体的な錬成陣になっていて、人間の血を対価に賢者の石を作り出す。原作でもあったネタなので、ちょっと新鮮味に欠けますが、それなりに見ることができました。

ミステリー的な主軸だけじゃなく、ストーリーにしっかりした軸が合ったらもっと楽しめたのにと思ってしまいました。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ひだまりスケッチ×ハニカム

2013/01/20 14:49
待望の第4期。

おもえば、ひだまり王決定戦にて王が願いを告げなければ、叶わなかった第4期。後藤ゆうこさんの体調が心配された第4期。スタッフ、キャスト、ファン一丸となった願いが叶えられた第4期でした。

4期の内容は、沙英・ヒロ組の卒業が意識されたつくりになっていて、離れることと繋がることがテーマになっていたと思います。別れるのは寂しいという気持ちを出発点にして、未来の夢や今後もつながりを維持していこうとする意志を示す結末になりましたね。

「簡単に会える環境があると意識しないけど、環境が変わっても繋がり続けるためには行動が必要なんだ」


有沢さんの一言が印象的でした。分かってはいることだけど、連絡不精には中々難しいことです。しかし、ここが運命の分かれ道だったりして、、、繋がっていたい相手とは意志をもって繋がろうとしないと、何事も続いていかないものです。去る人日々に疎しとはよく言ったものですね。

さて、ひだまり第4期も終わってしまい、幻の第5期を待つばかりとなりました。まず最初に来るのがひだまりつですね。自分は行きませんが、のらりくらりとひだまりのイベントを続けて、また第5期発表となることを期待しています。

今作も大変よかったです。




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


神様はじめました

2013/01/18 22:08
監督が大地丙太郎ということで期待して見始めたのですが、期待通りというか、大地節の効きまくった作品でした。まるで90年代を思い出すかのような作品でしたが、やはり今見ても面白いものですね。

主人公がポジティブでハイテンション。ギャグ絵でのキャラの崩し方から、話の盛り上げ方まですべてが大地作品でした。原作漫画自体が、こどものおもちゃなんかに影響を受けて描かれたんじゃないかってくらいの、はまり方でしたね。

OPは歌詞もメロディーも素晴らしく、EDは毎回入り方が秀逸でした。どこまでも大地作品で、非常に楽しめました。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


となりの怪物くん

2013/01/16 21:14
テンポが圧倒的に良い作品でした。

今期の中では、ジョジョかトナカイかというくらいの面白さでしたね。雫の男前と春のヒロインっぷりが何とも面白い。夏目もいい味出してましたし、途中登板のヤマケンくんも一人で場を面白くしてました。

第1話で告白して、キスまでしてこれ以上なにをするんだろうと思っていましたが、まさか最後まで付き合うことなく終わるとは。

好きになったり、好きじゃなくなったり。付き合いたくなったり、付き合いたくなくなったり。二転三転と変わる恋模様が、見ている側の心を大きく揺さぶり、内容は付き合うか付き合わないかだけの単純な話なのにまったく飽きることなく最後まで楽しめました。

OPのQ&Aリサイタルもテンション高いし、ノリがいいしでかなりお気に入りです。何から何まで最高の作品でした。


となりの怪物くん 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス
2012-11-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by となりの怪物くん 1(完全生産限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


好きっていいなよ。

2013/01/15 21:08
雰囲気の出し方がすごく巧くて、丁寧に作られている作品だなというのが最初の印象でした。

今期の少女マンガ系アニメ、すきなよ、となかい、かみはじの3作品とも友達がいない女の子が主人公だったのは時代の流れなのかなと思いました。この点において、本作が一番顕著でしたね。

16年間友達を作ったことがない。人はすぐ裏切る。それなら最初から一人の方が良い。

現実にも、そんな風に考えている人が増えているんじゃないかと思ってしまいます。これは、学生時代の体験に左右される考え方でしょうね。学生時代に、友達に大きく助けられるような出来事があれば友達を信用するようになると思うし、逆に裏切られるような出来事があれば信用できなくなってしまうものです。

今の世の中では、ひょっとしたら裏切られることに過敏になってる子供が多いんじゃないかなと思います。それゆえに
友達を作りたいけど、裏切られるのが恐い。一人でいることになれているから、別に一人のままでもいい。などという発想になるのでしょう。

考え方を変えるのは簡単なことではありません。三つ子の魂百までというのはその通りで、本人に変わる気が無ければ、人間変わることはほとんどないのです。

しかし、メイは変わった。メイが変わるきっかけを作ったのは大和だったし、なによりメイ自身が変わることを望んだのが大きく影響していました。そこに至る過程が丁寧に描かれており、作品のことを理解してアニメ化されているのだろうと感じることができる作品でした。

良いスタッフに恵まれた作品だと思います。


好きっていいなよ。1【期間限定版】 [Blu-ray]
キングレコード
2012-12-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 好きっていいなよ。1【期間限定版】 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ソードアート・オンライン

2013/01/14 11:46
設定も非常に練られており、物語とうまくマッチして最初から最後まで楽しむことができました。この作品は結局のところ『ネットゲームは楽しい』ということを描いた作品だったように思います。

従来のオフラインゲームとネットゲームの最大の違いはプレーヤー同士のコミュニケーションの有無によるところでしょう。ネットゲームの世界に囚われ、生死をかけたゲームを強いられようとも、プレーヤーたちは再びネットゲームの世界を開拓していきます。

そこにはもう一つの世界があって、もう一人の自分がいて、そして新たな人間関係が生まれます。そんな喜びと楽しみを得るために、ネットゲームは今後も発展していくんでしょう。

ゲームの世界にダイブするというのは、ゲーマーならば一度は妄想したことがあるはずです。そんな世界が現実にやってきたら、どれだけの人がゲーム中毒者になってしまうことか計り知れませんが、そこにはそれだけの魅力がある。そんな魅力を描いてしまった作品でした。

剣と魔法にはやはりロマンがありますね。


ソードアート・オンライン 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス
2012-10-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ソードアート・オンライン 1【完全生産限定版】 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


K

2013/01/09 19:13
続編制作決定ということで、オリジナル作品ながら人気を博してますね。

個人的には、世界観、コンセプト、演出なんかが先に立ってしまって、何をやってるのかよくわからないことになってしまった残念な作品に思えますが、人に受け入れられるということはそれだけのものを持っていたんでしょう。全力で中二病な作品ですが、はやり好かれる設定やキャラクターなんすね。


K vol.1 [Blu-ray]
キングレコード
2012-11-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by K vol.1 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


追想五断章 (米澤穂信/集英社文庫)

2013/01/08 23:16
妻殺しの真実を巡り、残された5つの断章を手にする物語。

本筋のストーリーは淡々と進み、盛り上がりに欠ける話ではありましたが、過去の事件の真相、5つの断章の捜索、そして『アントワープの銃声』と5つの断章との関係性など、非常に読み応えのある力作でした。

しみったれた空気を始終まとい、黴臭いにおいのする作品で、風邪気味の頭にはちょっと難しすぎて、読み切れてないところもありましたが、面白い作品でした。


追想五断章 (集英社文庫)
集英社
2012-04-20
米澤 穂信

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 追想五断章 (集英社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ソラニン (2010/日)

2013/01/07 22:18
気になってた漫画でしたが、結局正月映画で見ることとなりました。

ほとんど宮崎あおいを映してる映画でしたが、納得の可愛さでした。
内容的には、刹那的な生き方を描いてるな〜という感じがしましたね。

何もない人たちが集まって、バンドを組んで、音楽で世界を変えられる気になって。
どことなくありがちな感じの作品でした。

ただ、ああいう青春っていいな〜と思わされます。汗を流して、全力でぶつかるってことがここ最近ないので。
なんだか物足りないこの気持ちをどうすればよいものかと悩ましく思っているところです。とはいえ、芽衣子みたいに勢いで会社を辞めるなんてできませんからね。

なにか熱中できるものを見つけたいなと思いました。


ソラニン【Blu-ray】
TCエンタテインメント
2011-11-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ソラニン【Blu-ray】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


武装神姫

2013/01/06 00:02
あすみんが出てるからなんとなく見てただけなんですが、第8話『ある日どこかで』は神回でした。

人間になったアンと理人のデート。夢のようなひと時に終わりを告げる電話。夢と現実が交差する演出。流れるBGM。アンの想いと、アンを想う仲間の想いが溢れている素晴らしい回だったと思います。オチもスパイスが効いてましたし、作中といわず今季屈指の名エピソードだったと思います。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


中二病でも恋がしたい!

2013/01/04 10:53
ありそうで、なかった作品ではないかと。

中二病と思春期の葛藤的なものをうまくつなげた作品でした。
中盤からシリアスな感じになったのは、作品が始まった当初には予想していない事態でしたが、作品の雰囲気にあった展開だったと思います。

人は時に妄言を吐き、突然変わる世界を夢想し、遠い未来を想像し、存在しない大恋愛を頭の中に描く。それは生まれてから死ぬまで、人の中で延々と繰り返される、果てしなく繰り返される、悲しくて恥ずかしくて愛おしい自意識過剰という名の病。自分という名の避けては通れぬ営み。そう、人は一生中二病なのだ。


ジョージの語りでうまく締めちゃいましたし、きれいに完結したなと思います。多少、脚本に弱さを感じましたが、演出と作画で作品全体を盛り上げてましたね。突如始まる中二病全開の妄想ワールドも、これぞアニメという演出で、アニメという媒体、そしてその視聴者層に巧く親和した作品だったと思います。


中二病でも恋がしたい! (1) [Blu-ray]
ポニーキャニオン
2012-12-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 中二病でも恋がしたい!  (1) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


風邪をひく

2012/12/29 11:50
メリークリスマスな前日に、高熱にうなされてました。

朝起きたら、なんだか喉が痛い。これはまずいと思って、体温を測ってみると案の定、熱があり。昼まで寝てたけど、38度まで上がってしまい、病院に駆け込みました。

これはもしやインフルエンザ?と不安に思っていましたが、診断の結果インフルエンザのウイルスは検出されず。ただし、発症から間がなかったため正確な診断結果ではないとか。。
とりあえず、その日は解熱剤だけもらって帰りました(急患だと診察料がむっちゃ高い。。)

そして、次の日。解熱剤の効果で熱も下がり、インフルエンザではなさそうな気配が漂い始めて無事出社。多少のしんどさはあったけれども、前日に比べればなんのその。

体調は徐々に回復に向かう一方、咳や痰に悩まされ始め、今日になってようやく病院で再診を受けることができました。咳止め、痰止め、のどの炎症を抑える薬等々をゲットして、これで安心して年を越せます。

新しい環境になったせいか、今年は体調を崩すことが多かったように思いますが、来年は1年間健康に過ごせるよう、気を配っていきたいです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ようこそ、古城ホテルへ(4) ここがあなたの帰る国 (紅玉いづき/角川つばさ文庫)

2012/12/22 22:08
シリーズ第4弾は予想通り、リ・ルゥのお話。

相変わらずつっこみどころ満載ですが、優しい気持ちで読めるようになってきました。軽いノリでポンポン話が進んでいくのが、なんとも児童書らしいところ。

2巻以降の展開がどうにも同じようで、『仲間がピンチ→みんなで助けに来る』というパターンを延々続けるのだろうかと不安になります。姫様の話はもっと大風呂敷を広げられただろうに、簡単に締めてしまったのはなんだかもったいないですね。いつのまにかヘンリーが完全に仲間キャラになってるし、マルグリット勢のスペック的に向かうところ敵なしなのがつまらないです。

作者の描きたい話とか世界なんかが先走り、肝心の内容が薄くメッセージ性の乏しい作品になってしまっているような気がして、もったいなく思います。

絶対に負けない女の子の話。もうチョイ、深いところの話も読んでみたいですね。


ようこそ、古城ホテルへ(4) ここがあなたの帰る国 (角川つばさ文庫)
アスキー・メディアワークス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ようこそ、古城ホテルへ(4) ここがあなたの帰る国 (角川つばさ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


2 (野崎まど/メディアワークス文庫)

2012/12/16 23:14
ここ最近で、この本を読んでる時が一番ワクワクしました。家に帰り、本を開くのが待ち遠しく思うのは本当に久しぶりで、ここらはネタバレ全開で書いていきたいと思います。

※ネタバレ注意


ここまで野崎作品を総括するような集大成であり、ここまで野崎作品を読んできて本当に良かったと思えるようなファンのための一作でもありました。前5作の主要登場人物たちが、見事に配役されており、特に『パーフェクトフレンド』との整合性が完璧だったと思います。パーフェクトフレンドで吉祥寺の魔法使いがぶひぃぶひぃ言わされてたのが、まさか流行っているとは。。。小学生恐し。

野崎まど自身がいつから『2』の構想を持っていたのかわかりませんが、『パーフェクトフレンド』だけは、『2』を書く前段階として作られた小説だと感じました。

『小説家の作り方』に登場の紫さんは、その本を読んだ当初は最原さんとタッグを組んだらすごいもの作りそうだなと思いましたが、それを本当にやってくれるとは思いませんでしたね。まあ、実際は最原ダミーとのタッグだったわけですが。。。

今回もラストに驚かされました。正直、映画を作り始めて、愛だのなんだの言いだしたときは、たった一人の鑑賞者は最中なんだろうなとは予想してましたが、その先の展開は完全に未知のものでした。まさか天使になるなんて。。
っていうか、映画見せて神様作るとかトンデモ展開過ぎると思うんですが、、それでもその結末は面白かったです。

最原最早VS全人類 という図式も面白かったですし、それでもなお最原最早に軍配が上がるのがさすがというか、設定が強すぎるというか。西尾維新の戯言シリーズをほうふつとさせる展開でもありました。

《天才映画監督》最原最早、《不死》天名珠、《妖怪》舞鶴みさき、《大富豪》舞鶴真面、《AI》紫、《天使》最原最中、《役者》二見遭一

みたいな感じで、それぞれのキャラクターに能力と役割が付与されていて、そのキャラをうまく動かしながら物語が進行されていました。伊藤先生の講義も非常に面白かったです。生物進化論からミームの進化論に話が展開されるのは非常に興味深く、物語のテーマを説明する肝でもあったし、読み応え抜群でした。

作中でも語られたように『2』という映画は、『1』である最原最中に見せるための映画で、その結果天使(と神様)が誕生しました。そして、最原最早の次なる目的は、天使と神様の登場する映画を撮ること。今回の騒動で、ようやくスタートラインに立ったわけですし、ぜひとも『2』で終わることなく、『3』を見せていただきたい。野崎まどの次回作がどのような形となるのか今から非常に楽しみです。


2 (メディアワークス文庫)
アスキーメディアワークス
2012-08-25
野崎 まど

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 2 (メディアワークス文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


パーフェクトフレンド (野崎まど/メディアワークス文庫)

2012/12/15 21:04
野崎まどの5作品目。

友達とは何か。友達はなぜ必要か。そして、友達は作れるか。

SF的な切り口に始まり、友人係数や友人方程式による友達関係のシュミレーションは、読んでいてワクワクするものでした。人間が友達を作るのは社会システムからの要請であるとの論も面白かったですが、それだけでは友達を説明できないというのも、共感しやすい結末だったと思います。

SF的に話が進んでいたのに、途中からファンタジーに転身し、最後はあの人の登場によってすべてが片づけられるという強引展開でしたが、“友達”というテーマについてはブレずに描かれていたように思います。

いつもの野崎節も堪能でき、過去作品のキャラの登場もあり、いろいろ楽しい1冊でした。


パーフェクトフレンド (メディアワークス文庫 の 1-5)
アスキー・メディアワークス
2011-08-25
野崎 まど

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by パーフェクトフレンド (メディアワークス文庫 の 1-5) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


死なない生徒殺人事件―識別組子とさまよえる不死 (野崎まど/メディアワークス文庫)

2012/12/02 21:02
もう、面白い。

終わり方が、これを待っていたという予想を裏切る期待通りの展開。何とも読後が気持ち良い作品です。

『対等の友達』が伏線だったことに、読み終わってネットのレビューを読んでから気づきました。やはり構成がうまい。ヒントはあちらこちらに出ているのに、あまりにも突飛な真実に、読者をたどり着かせない。真実が明らかになった時に、すべてが繋がる感覚がたまらない作品です。

ミステリの構成もさることながら、その中に含まれるSF的な思考も実に楽しませてくれます。そして、終わりにはいつも一番とんでもないものが潜んでいる。

最後の最後を読むのが一番楽しみであり、その楽しみを存分に楽しむために、そこに至る過程をじっくりと読んでいたい作品ですね。残りの作品も楽しみです。


死なない生徒殺人事件―識別組子とさまよえる不死 (メディアワークス文庫)
アスキーメディアワークス
2010-10-23
野崎 まど

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 死なない生徒殺人事件―識別組子とさまよえる不死 (メディアワークス文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


舞面真面とお面の女 (野崎まど/メディアワークス文庫)

2012/11/25 10:22
期待していたオチは、ちょっと遅めに登場。

やはり身構えて読んでしまっては、最後の驚きが半減してしまいますね。『アムリタ』、『小説家の作り方』と野崎作品を読んできて、少し免疫ができてしまいました。構成を把握してしまったばかりに、どうしてもそういう読み方をしてしまいます。

作中に転がる小さな違和感を集めて、いかに突飛な終わり方をしてくれるのかを推察する。本作はちょっと読めていたというか、ああやっぱりと思うことが多かったです。

さて、本作は仮面にまつわる伝奇的ミステリーとでもいうべきか。
主人公は山奥の豪邸を訪ね、集まる親戚、謎の仮面の少女、そして解読不明の遺言状。まるでこれから殺人事件でも起きそうな舞台でしたが、起こったのは単なる謎解きだけ。

箱を解き 石を解き 面を解け
──よきものが待っている


遺言状の謎を解いた結末は何とも野崎らしいところ。ジャンルが変わるほどのオチは安定のもの。野崎ミステリとして、楽しむことのできる著者第2作目でした。

ミステリだけでなく、仮面というテーマにも迫るものがあり、真面の心中を言い当てる面の言動が心に刺さる作品でもあります。

「お前は飽きている」

「飽きている自分に満足の仮面を被せたはずなのに、その上からまた悩みの仮面を被せようとしている。なぜなら、そういう悩みを持っていた方が人間らしいと思ったからだ」


人は誰しも仮面をかぶって生きています(笑)。この問題は真面が特別なのではなく、大小あれども、誰しも他人に良く見られるように仮面をかぶるもので、自分もいくつの仮面を持っているのかと、ふとわからなくなるほどです。それを否定するセリフではないものの、単に真実を突かれるだけというのも落ち着かなくなるものですね。真面は幸運?にも退屈しのぎを見つけてしまったわけですから、ラッキーな人生を歩めそうですね。

構成自体を見るとワンパターンかもしれませんが、起承転結の転結で大きく物語のジャンルを変えてしまう構成には、やはり読んでいて楽しいものがあります。仮面の話のように、ミステリの構成を楽しむだけでないのも本作の楽しいところ。一見普通の話のように見えて、超常的な結末を用意する。そのギャップに潜む、登場人物の心理描写もまた本作の魅力であります。

未読の野崎作品はあと4作。どれも楽しく読めることを期待しています。


舞面真面とお面の女 (メディアワークス文庫)
アスキーメディアワークス
野崎 まど

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 舞面真面とお面の女 (メディアワークス文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


いわゆる天使の文化祭 (似鳥鶏/創元推理文庫)

2012/11/18 22:55
ネタバレありで書かせてください。


それなりに面白かったんですが、ちょっとわかりにくい話でした。読んでて違和感はところどころにあったし、オチも筋は通っていて納得はできたんですが、それでも驚きに欠ける感じがするのはなぜでしょうか。1年も時間軸をずらして物語を展開するとは思いもよりませんでしたが、いい意味で驚いたという感じがしないんですよね。どちらかというと、「え!?、何それ?」みたいな。

何かが足りない。本シリーズ、とりあえず既刊作品は最後まで読み切りましたが、何かが足りないんですよね。翠ちゃんかな〜。


いわゆる天使の文化祭 (創元推理文庫)
東京創元社
似鳥 鶏

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by いわゆる天使の文化祭 (創元推理文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子 (九井諒子/ビームコミックス)

2012/11/12 21:35
たまたま本屋で発見して、即買いしました。

作者の1冊目『山の上の竜の学校』の出来が素晴らしいものだったので、それなりの期待をこめて読みましたが、本作もなかなか楽しませてくれました。

本作は1冊目に比べて話の幅が広く、より広い層を取り込める1冊になっている気がします。1話目の『竜の小塔』は前作っぽい感じで好きですし、ラストの『犬谷家の人々』なんかは「そう来たか」って感じで面白かったです。

装丁も素晴らしく、本の中身だけでなくカバーの表から裏まで楽しむことのできる良い1冊でした。


九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子 (ビームコミックス)
エンターブレイン
九井諒子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子 (ビームコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

ポ・ニ・タ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる